kindle(電子書籍)を2年使って。内向型ミニマリストなりのレビュー


こんにちは、超内向型ミニマリストのうさこです🐰🌸
今日はKindle(電子書籍)を2年間使ってみてどうかという内容です!


2年前の12月27日にKindle Paperwhiteを購入しました。

☝︎私が使っているのはこちら

本が大好きで、断捨離してもどうしても増えてしまうので購入しました。

紙の本をペラペラとめくって読むあの感じが好きなので、電子書籍で本当に本を楽しめるのかな。という不安感はありましたが、大好きなYouTuberのJenny Mustardさんも使っていたので思いきってAmazonでポチッとしました。

目的は
・Jennyのような素敵なライフスタイルに近づくこと
・部屋の本を増やさないこと
・どこにでも持ち歩いてスキマ時間に使うこと(スマホはいじらない)
・仕事の休憩時間にも本を読めるようにすること
・夜寝る前の読書を快適にすること
でした。

それではさっそくKindleを2年間使ってみてどうかということを書いていきたいと思います。

🌟リアル本を買うよりもお得

本の値段をくらべてみる


本の値段ですが、紙の本よりも電子書籍の方が安いことが多いです。紙代も印刷代もかかっていないので当然かもしれませんが、kindleのアプリをインストールしていれば、kindleでもパソコンでもスマホでも読めるので、かなりお得感があります。

実際に値段を見比べてみるとこんな感じです☟(それぞれ左が単行本、右がkindle版)
だいたい平均で¥300くらいは安くなってるみたいです。

Kindle Unlimited


あと、私はAmazonが提供しているKindle Unlimitedという月額¥1000のサービスも利用しています。

いい本がたくさんあって読み放題。漫画や雑誌などすべてのジャンルが網羅されています。
(現在は30日間は無料で試せるようですよ)

普段は本屋さんに行く代わりにKindle Unlimitedのページに行って本を漁っています笑。

これだと、読んでみて面白くないと思った本ももったいない精神ゼロで読むのをやめられます。

本屋への行き来の時間・自分のエネルギーの消費もなくなるので、色んな意味で無駄が省かれているのかな〜と感じます。

下の本はKindle Unlimitedで読める本の一例です。('19-12-20現在)

Prime Reading

Amazonのプライム会員ならPrime Readingというサービスを無料で利用することができます。
Kindle Unlimitedと同様おもしろい本がたくさん見つかります。
下の本はPrime Readingで読める本の一例です。('19-12-20現在)

🌟WiFiだけじゃない。どこでも4G接続ができる

携帯の回線を使ってネットにアクセスできる


Kindleも機種が3種類くらいあって、値段の1番やすいスタンダートタイプはWiFiしか使えませんが、Kindle Paperwhiteと、一番グレードの高いKindle OasisはWiFiにプラス4Gの回線を使ってネット接続が可能で(接続代金はAmazon持ち。)、WiFiのない環境でも本を購入したりダウンロードすることが可能です。

WiFiのアクセスがない場所でもネット接続ができると思うと安心だし、ネット環境がいらないときは”飛行機モード”にして節電もできます。

漫画など容量の大きい本のダウンロードにはWi-Fiが必要

4Gを使ってどこでもネット接続が可能とはいっても、漫画などデータ容量の大きい本はWiFi環境がないとダウンロードできない場合もありました。ただ、今の時代わりとWiFiはどこにでもあるのでほとんど困った覚えはないです。なので、4Gネットワークなしでもいいや、という方は一番お安いKindleでも十分なのかなー思います。私は考えるストレスをなくしたかったのでKindle Paperwhiteにしました。

🌟ブルーライトの心配がない

寝る前も読める

kindle本って、パソコンや携帯でも読めるんですけど、夜寝る前パソコンやスマホの画面を見てると脳が冴えてきて眠れなくなっちゃうんですよね。

kindle本体を買ったよかったなと思うのは、寝る前にスクリーンを見ても目から光の刺激をあまり感じないというところです。

読書灯のない場所でも読める

しかも、読書灯(ナイトライト)がなくてもkindleに内蔵されている優しい光で読むことができます。
となりで寝てるパートナーのうさお君の迷惑にもならずに読めるところが気に入っています。

Kindle Paperwhiteの詳細はこちら→

🌟省スペース!

数千という本をKindle1つで所有できる

ミニマリストにとって一番嬉しいのが劇的に省スペース!というところですね。

昔は自宅にライブラリーのような部屋を作るのが夢でしたが、もうkindleがあればいらないです(ごちゃごちゃするし)

今はどうしても現物を持っておきたい厳選された本だけ単行本を買って家に置いています。

🌟持ち歩きに最適

旅の準備にかかる時間が短くなった

私はkindleを持つことによって旅行に出かけるときとか、ちょっと遠出するときの荷造りが早くなりました。

え、なんで?

で思う方もいらっしゃると思うんですけど、旅行に本を持っていきたいんですよ。その本を選ぶ時間が省かれました笑。まさかの旅行のスキマ時間に本を読もうをしているという笑。

未来の気分って予測が不可能なので、どの本を持って行こうかめっちゃ悩むんですよね。

それがkindleを持っていけばいいだけになったので、すごく楽になりました。

本を1冊もつよりも軽い

本をだいたい1冊か2冊持ち歩きたくなるんですけど、Kindleだと重量的には本1冊以下なのでだいぶ身軽です。あと、私はなにもカバーをつけていませんが、とくに汚れたりもしません。本物の本を持ち歩くと本がしわしわになったり汚れるのが嫌だったんですけど、気づけばその悩みもなくなっていました。

🌟絵本や漫画ならタブレットがいいんじゃないか

画面が白黒

kindleの弱点はカラーのものがカラーで楽しめないところです。
白黒なので淡い色のものとかは見えにくいし、スマホのように拡大機能は付いていても動作がそれほどスムーズではないので、漫画や絵本が読みたい方は、タブレットのほうがいいんじゃないかなぁと思いました。

私はコミックエッセイが好きなのですが、コミックエッセイを読むとき、外出先ではkindleで読むことはあっても、家では基本パソコンで読んでいます。

☝︎Fire 7タブレット→

🌟"本を読むという体験”はできない

あとは、やはり昭和生まれ平成育ちの私にとっては、”実態のある本で読書するという体験”は何にも代えがたい良さがあると思っています。

電子書籍には電子書籍の良さがあるので、本と電子書籍は別のものとして捉えているところがありますね。

なので、Kindleがあれば単行本なんてぜんぜんいらないよー!
という発想にはなりませんが、

ほとんどの本はkindleで所有し、どうしても手元に現物を置いておきたい本だけ単行本を購入する。というようにしています。

🌟充電はやはり面倒

そして最後は充電問題ですね。

kindleは1度充電すると数週間持つほど充電が長持ちなんですけども、私はこまめに充電していないので、「あー、充電そろそろしないとなー」と思うしんどさは若干あります(怠け者すぎるだけw)

🌙まとめ

以上が私が2年間Kindle Paper whiteを使ってみてのレビューです。

何事もそうですがいい面もあれば悪い面もあるという感じですね。

総合的にみて、やっぱり家に本が増えなくなったことと、読まなくなった本の断捨離が簡単になったこと、それから持ち運びのラクさから読書する時間を捻出するのが簡単になったので、高かったけど、いい買い物だったと思っています。

どんどん新バージョンのものが出てきて、今出ているのは防水もついててお風呂でも読めるとか、機能が格段にあがっているんだと思いますが、私は2年前に買ったこのkindleを末永く大切に使っていきたいなぁと思っています🐰🌸

☝︎今のKindle Paperwhite



貴重な時間で最後まで読んでいただき
ありがとうございました!




今日の記事が参考になったよという方は
下のランキングバナーをクリック☟して頂けたら嬉しいです🌟

にほんブログ村 にほんブログ村へ

・・・★★こちらの記事もおすすめです★★・・・

スポンサーリンク
Recommended Posts